09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

「影の現象学」を読んだ 


河合隼雄「影の現象学」(講談社学術文庫)を読み終えた。
ずいぶん前に、私の敬愛するMさんのブログで
取り上げられていて興味を持っていた。

現象学の本かと思っていたけれど、心理学的な内容だった。
非常に興味深く、思い当たることが多く、示唆に満ちた本だ。

"影である無意識は、しばしば意識を裏切る。
自我の意図する方向とは逆に作用し、自我との厳しい対決をせまる。"

裏表紙に書かれている要約だけでも、自分にしっくりくるし、
ユングを中心に、ニーチェ、仏教など
やはり好きな方面の思想が関連づけられていて、より興味深い。

また、抑圧された"影"については太宰を思い、辻邦生の「夏の砦」を思い、
二重身のところでは大岡昇平の「野火」のクライマックスを思い、
「テレーズ・デスケイルゥ」への言及から堀辰雄の「菜穂子」を思い・・・
10代の頃親しんだ小説が次々思い出されるような内容なので、
とても不思議な気がした。


ある意味、私は影ばかり見てきたと思う。
社会の大きな影などではなく、自分内部の、家族内部の、
或いは周囲の人や物事の、影を見てきたと思う。

抑圧、インナーチャイルド、親殺し、存在の希薄感、容認への欲求、
エニアグラムのことなど、以前いろいろと追求していた事柄、
すでにもう解消し乗り越えられたと思っていた事柄たちが
改めてふつふつと湧き上がり、人と語り合いたくなる。


何故私は心理学をやらなかったのだろう?
やって来なかったのだろう?不思議なくらいだ。
もし哲学科ではなく、N大の行動科学科のほうに行っていたら
その後がまったく違っていたのだろうか?

しかしある意味、自分なりに実践的に
心理学をやってきたとも言えるのではないだろうか。
考察してきたことが、こうした本を読むといちいち納得がいく。
無意識と向き合い、自分自身を導き、救ってきたようにも思える。


そして最後の章では影と創造性の関連について書かれていて、
今の自分が読むべき本だったと思えた。
創造の過程について、まるで自分のことを書かれているような気がした。
改めて今までの創り方でいいのだ、と思えた。



カテゴリ: 読書

スレッド: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術


森有正、バルト、サルトル 


佐古純一郎「森 有正の日記」、ロラン・バルト「明るい部屋」を先日再読し終えた。

パリに住み、パリに没した哲学者・森 有正の言葉。
今回共感したのは
「死を怖れる心から、死を待つ心へ」「本来的自己」「円環的復帰」
「ノートルダムも法隆寺もない国へ」「定義すること」・・など。
ここ最近で私の中での変化もあったため、
前回読んだときはぴんと来なかったことも、
今回はより感慨深く感じる部分もあって、再読の意義は大いにあった。

フランスの思想家・バルトの遺作「明るい部屋」は写真論であり、
彼の亡くなった母親へのレクイエムでもあるという。
感性を刺激されるような魅力的な文章なのだが、内容は私には難しい。
写真の特異性。
写真を絵的に見てしまう私には、なかなか理解ができない。


今は、木田元先生の「現象学」を再読している。
フッサールから始まり、ハイデガー、サルトル、メルロ=ポンティと
それぞれの現象学との関わりや広がり、展開を追っていく内容。

先月、演劇学校の同期会をやったときに、
来年夏、劇団の本公演でサルトルの戯曲「汚れた手」をやることを聞いた。
「トロイアの女たち」にも話が飛び、懐かしかった。

公演を見に行くときまでには、「汚れた手」をぜひ読んでおきたいし、
これを機に、来年はサルトルやその周辺に少しずつでも取り組んでみたくなった。
それで、まずは手元にある木田先生の本を通勤バッグに入れたのだ。

私が大学の哲学科に行きたいと思ったきっかけは、
高校の倫理の教科書に載っていた、
サルトルの「実存は本質に先立つ」という言葉だったにも関わらず、
その後、恥ずかしいほど読んでも学んでもいない。

昔魅かれ、挫折したものにまた取り組みなおすこと。
それもいいなと思えるようになった。



カテゴリ: 読書

スレッド: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術


tag: 森有正,バルト,サルトル,哲学,木田元 

読書の秋 


中島義道の「観念的生活」を読んでいる。

中島氏の著作は、嫌らしさも醸しだしていて多少気になる部分もあるけれど、
哲学研究以上に、自分で哲学している生々しさがあって
共感できるところも多い。
「観念的生活」ではいよいよ老境に入ってきて、その思索の行き先が興味深い。

私は微力ながら哲学と仏教を学び、それらについて理解を深めようとしているけれど
こうした本を読むと、自分は実際は哲学する人でも、仏教に帰依する人でもない、
そうはなりきれない、とかえって痛感する。

ブログのサブタイトル「世界は悦びに満ちている」と言っている時点ですでに違う。
しかしこれが私の実感、そして自分の見出した方向性なのだから、その隔たりは仕方ない。
自分なりの世界観を持てばいい。


この1年半くらい、本をまったく読めなかった。
ライブが終わったら、本を読みたくなった。
読み返したい本がたくさんある。
マルコム「ウィトゲンシュタイン」、佐古純一郎「森有正の日記」、
クンデラ「存在の耐えられない軽さ」、ジャン・ボワスリエ「ブッダの生涯」、
長谷川美千子「日本語の哲学へ」・・・etc.

いずれも読み応えのある、興味深い、面白い本だ。
今年中に再読しよう。




カテゴリ: 読書

スレッド: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術



プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック