03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

ライブを見に行って、ライブに出ることになった 


先週、会社帰りに友人A子のシャンソンライブを見に行った。
雰囲気のいいすてきなお店だった。お料理もおいしかった。

A子とは10年以上前、友人3人でユニットを組み、歌とダンスのライブをやっていた。
私は振付を担当していて、人生でも最上クラスの、輝かしい充実した時期だった。

いろいろあって解散してしまったが、懐かしくてそんな話で盛り上がり、
その日共演されていたnikkiさんも、そういうステージをやりたいと言い、
A子と3人でそのお店でショーをやることが決まってしまった。

おふたりはプロの歌い手で、プロとしてのダンスの経験もあり、
私はダンスをやっているとは言ってもアマチュアで、
私が出演のみならず振付までやっていいのかとおろおろしていたのに、
ライブハウスのオーナーは名刺を下さり、その場でスケジュールの話になり、
10月6日に決定。

あまりの流れの速さにびっくり。
久々に友人のライブを見に行ってそんな展開になるとは。

しかし、これでいいのだろう。
7月のダンスの発表会のあとは白紙だったところに、また1つ舞台の予定が入った。
今年はダンスに回帰する年なのだから、その方向性で展開されていくのは
偶然のことではない。
どうなるかわからないけれど、飛び込んでやってみるのだ。




カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


ダンスの発表会の稽古~試練の日々 


4/15(日)
昨夜は稽古の後、電車に着替えなどの入ったバッグを置き忘れてしまい、
遠い駅まで取りに行った。
疲れとストレスのため、ぼーっとしていたから。
帰宅したのはいつもより1時間も遅く、11時になってしまった。

今日のバレエのレッスンでは、パがなかなか覚えられず、恥ずかしい。
でも少し覚えられると一気に嬉しくなる。

発表会の振付のほうも少しやった。
久々に鏡の前で稽古したら、Eちゃんとの差が歴然として、正直落ち込んだ。
自分ではもっと踊れているつもりになっていた。
あまりのふにゃふにゃさ、地味さに打ちのめされた。

Eちゃんは音を早取りする傾向があるけれど、
それをのぞいても線の美しさ、パワフルさ、華やかさに圧倒された。
このままではまずい。
よく先生はこのポジションをゆるしてくれている。
私もまだまだこれから伸びたい。うまくなりたい。
あと3ヶ月、ある。


明日の夜は第一リハ室での、初めての本番に近いスペースでの稽古になる。
多分、広すぎてまた打ちのめされる気がする。
スペーシングだけで振り回され、頭がいっぱいになり、
焦り、力み、無残に終わるだろう。
しかし後3ヶ月、それを課題として稽古していくしかない。


今日は身体がしんどくてつらくて、ため息ばかり。
しかしEちゃんのこと、広さのことを考えると、まだぜんぜん足りないのだと痛感する。
もっともっと稽古が必要だ。
今まで腰(腰痛)のことを考えて守りの稽古だったけれど、
それだけでは後悔する結果になるだろう。
そして基礎がやはり絶対的に不足していると実感した。
普段のレッスンでしっかり身体づくりをすることの重要さ。


Hちゃんに、最近ダンスが楽しそうじゃないね、と言われた。
少し前までは振付を覚えるのに精一杯で、でも踊ることが楽しくてしょうがなかった。
最近は稽古が進んで、細かいところの確認で意見が分かれたり、
芝居がうまく行かなかったり、人との感覚の違いを実感したり、
いろんなストレスも生じていた。
自分で振付る曲が進んでいないプレッシャーもある。


今の私はからっぽで、差し出せるものなんて何もない。


ブランクは大きい。体力、筋力の差も大きい。
それを受け入れ、淡々と精進をしていくしかない。
焦ってもしょうがない。
比べて落ち込んでいてもしかたない。


4/16(月)
昨日からひどい筋肉痛で変な歩き方をしている。
しばらく筋肉痛がなかったので、身体がダンスに慣れたのかと思っていたけど、
動きがぬるかっただけかもしれない。

どうしたらいいだろう。
どうしたら腰椎分離症を悪くせず、これから3ヶ月体調を調節しつつ、
しかもEちゃんにひけを取らないくらいに踊れるようになれるだろう?
無理な話なのかもしれないが、このままでは悔しいし、自分としてもゆるせない。


昨夜は本当にしんどかった。
夕方から寝てしまい、夜8時に起きた。
夕食後もだらだらし、ため息ばかりついていた。
そのまま寝てしまいたかったが、がんばってお風呂に入ったら、少し疲れが取れた。
お風呂で疲れが取れるというけれど、
昨夜ほどそれが実感できたことはない。


基礎と、個々の振付を磨くこと。その両方をやっていなかければ。


4/17(火)
昨夜、第一リハ室でのリハーサルは不安もあったけど、
思ったより和やかに、場所を確認しながらいつも通り稽古できた。
いろいろ課題も出てきたけれど、問題が見つかったほうがいいのだ。
広くて、普段の稽古よりやりやすかったところもある。

曖昧な部分をいろんな人に少しずつ教わった。
芝居の部分はやはりうまく行かない。
しかし全体的には問題点の洗い出し、自覚、確認のできた、
いいリハーサルだったのではないか。

帰り、SさんとIさんと一緒になった。
Iさんとはほとんどしゃべったことがなかったけれど、
こちらが思っているより、評価してくれていることに驚くとともに、
とても嬉しく、安心した。ありがたかった。


4/18(水)
輝かしいお天気。雲がゆったり流れていく。
桜はもう散り、気づくとつつじの紫や赤が道路わきの植え込みに開き、
いつの間にかもうそんな季節なんだ、と目をみはる。
Hちゃんのほうも本格的に動き出した。長い長い長いトンネルの出口。
それから、姉が来週近所に引越してくる。


4/19(木)
先週末は試練の日々だった。
肉体的な疲れに加え、精神的にも落ち込み、散々だった。
でもそれを乗り切って次へ進むのだ。
これまでが守られ、うまく行き過ぎていたのだ。
あるいは自分が甘かったのだ。


4/20(金)
昨夜は桜台での稽古。
今までうまく行かなかった芝居の部分、
Aさんのアイデアと呼びかけによりずいぶんスムーズにやれるようになった。
Mさんの的確なアドバイスも助かった。
その後に続くダンスは気持ちの流れがつながり、
その曲を今までで一番楽しく踊ることができた。

コンテンポラリーと、HIPHOP JAZZの曲は、それぞれ二手に分かれて
それぞれ他の人の振りを見る機会を与えてもらった。
他の人はどんな振りをしているか、
ユニゾンのところは同じ振付でもどんなふうに踊っているのか、
いろいろ発見があった。
自分の振りも客観的に見てみたい。

今日はメンバーの結束力も少し高まった気がする。
レッスン場はいつも以上に湿度が高く、汗びっしょりになり、
外は打って変わって急に寒かった。
でもみんなと笑いあい、話し合い、稽古自体も帰り道も楽しかった。
先週のプレッシャーと落ち込みと孤独感が嘘のようだった。

客観的にEちゃんの振りを見ることができて、
Eちゃんに対する印象がまた変わった。
私は私なりのものをつくっていけばいいのだ。
実力や経験の差は大きいけれど、
まだ方法は、ある。




カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


Dance 


リズムで意志を、旋律で情感を、
空間に鞭打つ。
視覚に焼き付ける。
私がラインになり、音になる。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


Japanese Young Artists' Books Fair_6th終了 

ニューヨークでのJapanese Young Artists' Books Fair_6thは
3月13日に無事終了し、先日作品やディスプレイ用品などが戻ってきました。

在庫を数えたら今回は7冊売れたようです。
昨年より少ないけど、7人もの方が見ず知らずの私の絵本を、
お金を出して買って下さったことがとても嬉しく、感謝感謝です。

今はダンスでの表現で頭がいっぱいだし、次回のことはまだ考えられないけど、
縁があればまたニューヨークに行ったり作品展示したりしたいな。
今度は墨で描いたり、違った雰囲気の本を創ったりしたい。



カテゴリ: アート

スレッド: art・芸術・美術 - ジャンル: 学問・文化・芸術


tag: NY,アート,絵本 

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック