06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

AFTERSCHOOLのミニライブを見て 

先月、仕事で出席したイベントで、AFTERSCHOOLのミニライブを見ることができた。
AFTERSCHOOLは、安室奈美恵とコラボしたことくらいしか知らなかったけど、
ダンスにはもちろん興味があるので、最前列に近いところに陣取ってライブを見た。

曲もメンバーのこともまったく知らないけど、
じーっと見てるとひとりのメンバーが気になりだした。
フォーメーション上、私の位置からはそのメンバーは離れててよく見えないので、
今度は全体が見える会場の後ろのほうに移動してライブの後半を見た。

全体を見ていてもそのひとりにしか目が行かなくなってしまった。
それがカヒだった。
彼女がリーダーだということも後から知った。

カヒのダンスには、強い深い確信が感じられた。
確信を持って踊ること。

悩みながら振付を考えていたときだったので、
カヒの姿にとても励まされた。

そう、私も確信を持って踊ろう。
迷い、悩みながら創ったとしても。
その確信は見ている人に必ず伝わるのだ。
今創っているダンスに自分の精一杯を込めて、自分を打ち出そう。

心が震え、勇気を与えてもらった。







カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


ダンスの発表会終了 

14日、ダンスの発表会が無事終了した。

約5ヶ月、途中心身ともにしんどく感じる時期もあったけれど
何とか乗り切ることができ、ほっとしている。
久々の舞台復帰で心配していたけれど、ふたを開けてみたら
... 見て下さった方々から予想以上にほめて頂くことができた。
本当に嬉しい。やった甲斐があった。

ここ数年ダンスについて、焦燥と絶望と執着でもんもんと悩んでいて、
ダンスをやめるかどうしようかとまで考えていた。

身体がかたい、ブランクがある、腰に分離症を抱えている、
それが仕事になるわけではない、身体は年々衰えているなど
いくらでもマイナス要素を数え上げることはできるけれど
そんな自分と真っ向から向き合い、チャレンジした数ヶ月だった。

この楽しくも過酷な5ヶ月をくぐり抜けながら、
ダンスは、"やめる"というような"対象物"ではなくて
自分がダンスそのものなのだという感覚に自然となっていた。
もう私の呼吸はダンスであり、歩けばそれはダンスなのだ。

だからこのまま自然にまっすぐ歩いていけばいいのだ。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術



プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック