04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

cm --   tb --   このページのトップへ

ジャイロキネシスの体験レッスン 


今日は初めてジャイロキネシスの体験レッスンを受けてみた。
骨盤の傾きやかたい筋肉などが最近特に気になっていて、
そうしたことに効果がありそうだから。

裸足で、椅子に軽く腰掛けた状態で、
さまざまな動きをして身体をほぐし、伸ばしていく。

今さらながら私は、腰の後ろのところに
無意識にいつもぎゅっと力を入れて、身体を支えているのを自覚する。
緊張したり、集中したりすると、姿勢を正そうとしてよけいに力が入ってしまう。
バレエのときもそうだ。
これでは腰に負担がたまり、傷めやすいのは当然かもしれない。

骨盤の傾きも大きな課題だが、
腰の筋肉の縮みに引っ張られて、骨盤が傾いているのでは?と思い至る。
ジャイロキネシスでは横の鏡を見ながらそれも注意してやってみた。
腰を力まないように、力みそうになったら脱力するようにして。

脱力は難しい。
脱力するためには、同時に他のどこかでバランス調整をしないとできないから。
他のどこをどういう意識をすればいいかを教えてもらえるといいのだけど、
なかなか難しい。ひとりひとりそれは異なるからか。
自分でさぐっていくしかない。
いちいち、いちいち意識しないといけない。
いちいち身体の部分部分、力を抜いてリセットする。
そしてそのリセットした状態を今度は自然体として保てるように鍛錬しないと、
次の状態へと進めない。

また、背中、肩のかたさを再認識した。
多分バレエレッスンでは、型やパが気になって
そこまでのびのび伸ばすことに意識を向ける余裕がなくなっているし、
HIPHOPなどではそこまで背中を意識せずに済むし、
自分の振付では自分の楽な範囲で振付けてしまっているのだろう。
もともと身体はかたいほうだが、より可動域がせまくなっている。
怖ろしいことだ、たまにはこうして外の世界に出ないと。

幸い、先生に声をかけて頂いた口ぶりからは、
ジャイロキネシスが初めてとは思えない程度に動けていたようだ。
しかし先生の背中や腕の、
弧を描いて大きく伸びていくしなやかな美しい動きを見てしまうと
自分の棒っきれのようなかたさを思い知らされる。

レッスン後、先生と少しお話ができた。
レッスン内容のこと、ダンスやピラティスのこと、自分の身体の課題についてなど。
今回はカルチャーセンターの短めのクラスのため、少々物足りなく感じたので、
次は先生のスタジオに伺ってみることにしよう。

スポンサーサイト



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


三位一体プロジェクト~書作品づくり 


今日は午後、詩の本のための書作品に取り組んでみたが、なかなかうまく行かない。
考えてる時間のほうが長い。
頭と目が疲れて、夕方外にお茶しに出かけた。

書をかいていてはダメなのだ。
抽象画、象徴画をかくくらいのつもりでないと。
いろいろ考えて、頭が痛い。

しかしこれは幸せなことなのだ。
自分の詩の世界に遊ぶ、イメージを広げる、模索する。
いいものを創りたい。



カテゴリ: アート

スレッド: アート - ジャンル: 学問・文化・芸術


三位一体プロジェクト~共演者 


今日は昨年「ちょこっとレビュウ」で共演したA子さんと
カフェでランチ&お茶。
会うのは半年ぶりくらい。

近況報告の後、かねてより相談したかった三位一体プロジェクトのこと、
資料を見せつつ話してみた。
予想以上に真剣に耳を傾けてくれて
ダメ元での相談だったのに、リーディングを引き受けてくれるという。
なんてありがたい!

プロの歌い手さんなのに、私のこんなナルシーな企画で
リーディングを引き受けてくれるなんて。
リーディング部分は録音するしかないかな、と思っていたのに。

さらにいいアイディアや意見を出してくれて、
ひとりであれこれ思い描いていたときより、
よりグレードの高いパフォーマンスになりそうで興奮してしまった。

さすがA子さんは、演劇学校の同期でもあり、長年のつきあいもあり、
私がイメージするものを感覚的にすぐつかみ、
さらに増幅までしてくれる。

こんな心強い共演者を得たことで、
一気にNYでのパフォーマンスが実現に近づいた気がして嬉しい。
舞台を創るのが楽しみになってきた!

そしてまずはそれに見合うアート作品を創ること、
それに力を注がなければ。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


バレエは身体の哲学 


日曜のバレエレッスン、気が重かったけど、
"伸ばす"ことに意識を向けるように努めていたら、
久々にレッスンが楽しかった。
悦びにあふれた。

押さえつけるように力を入れすぎてしまう癖があり、
ガチガチに自らを縛ってしまっていたのだろう。

バレエは鍛錬でもあるが、解放でもあるのだ。
最近はそれが感じられず、苦しかった。
やっとその感覚を取り戻した。

バレエは身体の哲学だ。身体の心理学だ。
私には実感としてそう感じられた。
心身が深く結びついている。
問いがあり、探究がある。さまざまな発見がある。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


「三位一体プロジェクト」概要 


来年の3月までに、1年かけて形にしようとしている「三位一体プロジェクト」。

"詩×アート×ダンス"、自分がこれまで別々にやってきた3つのことを
ひとつに融合したものを創ってみる、という無謀かつ非常にナルシーな企画(笑)。

でも例え最初は拙い妄想でも、思いついたら、
自分にできることを全部、今勢いでやってみるしかないでしょっってことで。

まずは"詩×アート"の部分を夏までにある程度の形にする予定。
具体的に言えば、詩の本をつくること。
"詩集"ではなく、詩のアート本のようなもの。

詩はすでに数年前に書いたものをいくつかピックアップしてある。
姉に英訳を依頼することになっていて、
今日はその資料づくりをした。

自分で書いた詩について、改めて解説みたいな作業をしてみると、
自分でも無意識に書いていたことが顕在化され、不思議な感じがする。

詩に組み合わせるアート作品を描くのが、この夏の試練となりそう・・
イメージはあるけど、かけるのかどうか。
製本も理想はあっても、自分にできるのかどうか。
これから格闘が始まる。

そして今年後半は、その詩のイメージでダンスの振付とも格闘する予定。
多分その頃には「なんでこんなこと始めちゃったんだろう!(怒・泣)」と
苦境に陥ってる自分の姿は見え見えなのだが・・

2度の手術でこの半年、あまり動けなかったが、
また身体づくりもしていこう。

まだ本当にやらせてもらえるかどうかわからないけど
最終的にはNYのアート・イベントで踊ることが目標。

こんな報告をしてしまって、プレッシャーをひしひし感じるけど、
小心者&なまけものの私には、活動のことを有言しておかないと
すぐふにゃふにゃふにゃ・・といろんなことに負けてしまいそうだから。

なんとか最後までやりとげられますように!



カテゴリ: 想い・イメージ

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」を見に行った 


Les Miserables


昨日、大学のミュージカル・サークルの先輩、K子さんと
東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」を見に行った。
今日は一日中、レミゼのさまざまなナンバーが脳内に流れ続け、
知らず知らずいつの間にか口ずさんでいる自分がいる。

20数年前の初演を見て衝撃を受けたこと、
学祭でK子先輩がエポニーヌのソロを歌ったこと、
ミス・サイゴン初演のオーディションに先輩たちと無謀な申込みをしたこと・・etc.
いろいろ懐かしく思い出される。

現在のバージョンは昔に比べ、流れがずいぶんスピーディーで、
背景に次々と映像を駆使し、息をつかせぬアグレッシブな展開となっている。
そんな中で立派に舞台を務め上げている後輩の姿を見、歌声を聴き、
賛嘆の気持ちでいっぱいになる。勇気をもらえる。

何という幸せ。
この機会を与えてくれたK子先輩と後輩に、本当に感謝!



カテゴリ: 芝居・ミュージカル

スレッド: ミュージカル - ジャンル: 学問・文化・芸術


tag: レ・ミゼラブル,帝国劇場,東宝ミュージカル 

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。