08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

Reading展のオリエンテーション 


今日は11月開催のReading展のオリエンテーションに出席した。
Reading展は、三位一体プロジェクトの元になる"詩の本"の、まず最初の展示になる。

前日の夜遅く、"詩の本"の試作品のカバーを作り直した。
止め具をつけるところまではできなかったけれど、
本のタイトルは和紙を使ってまあまあイメージ通りにできたので、よかった。

久々の銀座はぽつぽつ雨。

オリエンテーションでは、ディレクターによる概要の説明と
参加者のそれぞれ自己紹介の後、試作品をディレクターに見て頂いた。

これまでの絵本とはまったく雰囲気も作り方も違うので心配したけれど、
作品そのものについては予想より好感触を得られ、かなりほっとした。

ダンスパフォーマンスのプランも提出し、いろいろ相談した。
"詩の本"の試作品1部とプラン資料が、NYのほうの責任者に今月手渡されることになる。
NYでのダンスパフォーマンスが現実味を帯びてきた。
プレッシャーと緊張とわくわく感に、身体が熱くなったり冷たくなったりする思いだ。

ディレクターには、NYのブックフェアの書店のひとつ、Book Courtでも
ダンスパフォーマンスをやらないかと言って頂いた。
思いも寄らなかったので驚いた。

会場がまったく違うので難しいこともあるけれど、
そんなことを言って頂けるのはとてもありがたい。
せっかくなので2ヶ所でやれることになったらいいな。


3年前に初めてブックフェアに参加したときのことを思い出す。
あのときは、喜び、期待とそれ以上に、
周りの美大卒の方々の作品やその姿勢に圧倒され、
打ちのめされ、劣等感に苛まれ、落ち込んだものだ。

しかし得たもの、学んだものも多く、その海を必死で渡って、今ここにいる。
そしてさらに無謀なことをやろうとしている。
プレッシャーに負けずに、一歩ずつ落ち着いて進んでいこう。




カテゴリ: アート

スレッド: アート・デザイン - ジャンル: 学問・文化・芸術


ZUMBA、新シーズン1日目 


7月・8月とお試し気分で、姉と一緒に土曜のZUMBAのクラスを受けてみた。
今日は新しいシーズンでのZUMBA1日目。

ZUMBAでは、振りの説明や事前の練習などはなく、
いきなりラテンの曲に合わせて先生の振付をそのまままねて踊っていく。

夏のシーズンは、初めてということもあり、
先生の振付を極力忠実にやろうと努めたし、まねるだけでも精一杯だったが、
ZUMBAには"好きなようにやっていい"という緩いところがあるので、
思い切って今日から振りの細かいところをアレンジするようにした。

ステップ自体はそのままに、手や上体の使い方、アップ・ダウン、
肩の動かし方など、自分でよりかっこいいと思えるように
いろんなところをアレンジした。
スリリングで面白かった。

先生のやる振りを一瞬にしてつかみ、自分流に翻訳し、表現する、
その瞬発力と発想力と表現力。
それが自分にとって課題となり、訓練となる。

クラスの後、フレンドリーな姉のおかげで、
先生やクラスの人たちと打ち解けていろいろ話をした。
私たちが姉妹だと言うと、仲のいいことを羨ましがられた。

確かに、これまでまったく趣味の異なっていた姉と
共通の楽しみが出来たのは本当にありがたい、嬉しいことだ。

姉はDVDを買って自宅でやったり、他のダンスのクラスも受け始めた。
ダンスは初めてでも、もともと身体能力が高く、猛進型の姉のことだから、
すぐ上達してしまうだろう。うかうかしていられない。
嬉しい刺激をもらっている。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術



プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック