05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

ダンス発表会の稽古の日々~6月② 


6/17
バレエの基本、引き上げとアンディオール、そのどちらも出来てなくて
いつまでたってもうまくならない。
身体が自由ではない。


最近、夜のリハで帰りが遅く、寝る時間がずれて眠れなくなってしまう。
睡眠不足になるのが嫌で、安定剤で寝付く日々。
体内時計が狂ってるのかも。暑くて寝苦しいのもある。
リズムを取り戻さなければ。
薬には頼らないようにしたい。


発表会まであと1ヶ月になった。
思ったほどダンスがうまくなってなくて愕然とする。落ち込む。
しかし先日思い直した。
いや、数ヶ月やっただけ、その分はうまくなったり、
みんなで揃ったりソロもよくなっているはず。
ぎりぎりまで成長の余地はある。


6/21
せわしない日々。


踊ること、描くことだけに没頭するアーティストでは、私はない。
残念ながら。
しかし、それが自分なのだろう。
踊ること、描くことが救いであったり、生きる支えや内容そのものだったりして、
それを包括して眺め、記述するのが私なのだろう。
考えること、書くこと、語ること。
そちらに帰着するのかもしれない。
Gとスカイプで話し、いろいろ示唆的なことを言ってもらえた。



6/22
昨日のリハのあと、とても充実したいい気分を味わっていた。

"Silver&Gold"で先生が私の踊りについて
アクセントがあり、より踊りらしくなっているので
参考にするようにと、メンバーの前で言って下さったこと、
それがひどく嬉しくありがたかった。

そして帰りにYちゃんとお互いのこれまでのダンスとの関わりを話したこと。
自分の歩みやダンスへの想いを吐露したのが心地よかった。
Yちゃんも私も、紆余曲折しながらこうしてダンスを続けている。
前向きにやっていこうと改めて思えた。



6/23
浮遊し、ぼーっとし、心が旅をしている。
私はどこへ向かえばいいのか。

ものというよりイメージをつくり、表現すること。
イメージの具現化。ものづくりとはまた少し違う。
イメージを形にすること。
だから形としてのものが人に残らなくてもいい。
イメージ、感覚、体験として残れば。


伸びて解放して空間を自由に動けるようになりたい。
音に入ってリズムと1つになる。
ダンスをやってきて本当によかった。
ダンスがなかったら私は精神が死んでいた。
そして絵がなかったら私は誰にも認められなかった。
自由と承認はダンスと絵によって私にもたらされた。



6/27
昨日は一日だるかったし、今日も少し鬱々としていたが、
だいぶ前に鏡のある部屋を予約してあったので、
一応練習しに出かけた。行ってよかった。
久々にみっちり踊って練習して、汗をかいて何かひらけた感じになった。

ZUMBAのウォームアップ、新しい振付2曲を考えた。


後半は発表会の練習をし、動画も撮った。
前回の個人練習やリハのとき撮ったものを見て反省したせいか、
以前より良くなったと思う。

課題はまだまだあるけれど、特に"Step Up"はこのリズムでいいと思えた。
リズム早取りの人たちからは遅れて見えるかもしれないが、
音に乗って踊るのがやっぱりいい。
むしろもっとくっきり明確に音に乗るべきだ。

"Silver&Gold"は腰とか腕とかバランスとか、改善中のところが良くなっている。
"21世紀~"は改善の余地が大いにある。
演技的な部分はいいとして、特に前半のダンスが曲に入って踊れていない。
踊りになっていない。

反省点はいっぱいあるけど、落ち込んでいたところからは
一歩前進できたと思う。
半年取り組んできただけのことはあるのだ。
客観的に見ることによって、こうして改善できたので少しほっとした。
まだ工夫したり力を抜いたり修正できるところがたくさんある。


6/28
門仲でリハ。
前日個人練習で動画撮って課題と自信を見出したせいか、
落ち着いてやれた。

"Step Up"は先生から、全体的に少しは揃ってきたとやっと言って頂けた。
私も自分のリズムでいいんだと自信が持てたからやりやすかった。
さらにアクセントをつけることを工夫した。

"Silver&Gold"はまだまだやれること、やるべきことはあるけど、
後半の部分でずっとうまく行かなかったところが、
少しうまく流れるようになった感触があった。
これはEちゃんのまねをして練習してきた結果、身についてきたのかもしれない。
それが嬉しかった。


ソロの"鳥葬"もだいぶ後半流れるようになり、
振りも少しずつ手直ししてきて、固まってきた。

先生から「私も若かったらこんな振りを踊りたい」と言って頂けた。
嬉しいのと恐縮なのと驚くのと。
まさかそんなふう言って頂けるなんて思ってもみなかった。
とても光栄なことだ。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


ダンス発表会の稽古の日々~6月① 


6/1
ZUMBAサークルは休みにし、バレエのレッスンだけ行った。
思ったより腰の状態が良くなっていて安心した。
アラベスクやアチチュードも大丈夫だった。
もっと腹筋や臀筋を使って腰に負担をかけないようにしないと。
骨盤の傾きやアンディオールや背中に注意してレッスンしてみた。


先日のリハで、男性ゲストのF先生が示して下さった
お尻やももの使い方を今日のレッスンでまねしてやってみて、
一瞬納得のいく感じがつかめたのだが、長続きしなかった。
あの感覚を取り戻して持続できるようになれたらいいなあ。



6/6
5月後半、腰をいためてからの停滞、苦しいものだったけど、少し回復した。
しかし精神的なストレスはますますひどくなる。
仕事のことがあらわになりつつあるからだ。


昨夜のリハでは男性ゲストのF先生が、いいアドバイスをされていて、
とてもためになった。
ソロも久しぶりに踊った。
最後がまたしてもうまく行かなかったが、
先生からは全体的にだいぶいいと言われてほっとした。


"Step Up"をやる前に先生が
「気を抜かず、本気でやらないと体力もつかないよ!」と活を入れたので
気を引き締めてやったせいか、いつもよりミスがなく出来たと思う。
そして、先週私はこの曲についていろんな意見をわーっと言った手前、
自分が誰よりもリズム感、表現力、パワーなどを発揮しないと、と
自戒せざるを得なかった。

でも本気で踊っているうちに、音楽に入り込み、
後半自然と笑いが出てきて楽しくなってしまって、
ランナーズハイならぬダンサーズハイ?のような状態になり、
思いっきり動けた。
前半からあの状態を作らないと。


コンテンポラリーの"21世紀の精神正常者"は
技術的なダメ出しがいくつか出された。
表現は自分でどんどん思いついてつけていけるけれど、
技術が伴っていない。


6/11
先日個人練習したとき、"Step Up"と"鳥葬"をケータイで動画撮影してみた。
あまりの踊れてなさに愕然とする。

"Step Up"はみんなのほうがよほど踊れていると思った。
腰痛の名残があるのか、腰がひどく重く見える。
腕が無駄にぷらぷらしている。
キレが足りない。課題が山積み。

"鳥葬"は技術的にまだまだだけど、振付自体は悪くないみたい。
もっと踊りこんで流れるように表現したい。


先生からの紹介で、コンディショニングセンターで整体を受けた。
背骨と骨盤をつなぐ関節が、
左側は軽く、右側はがっちりとはまってしまっていて、
それが腰痛の根本的な原因らしく、それを外す手技をされた。

これは最近なった状態ではなく、
多分中学生くらいの頃にはまってしまったのだろうと言われた。
以前整形外科で腰椎の亀裂を指摘されたときも
中学くらいだろうと言われたので、同時になったのかもしれない。

関節を治してもらったけれど、身体の癖はすぐには直らないだろうから、
やはり姿勢や歩き方には気をつけよう。


6/14
ダンスグループのTシャツデザインの〆切が近い。
筆文字は昨日で仕上げるつもりだったけど
納得行くのが出来ずに昨日はどんよりしていた。

今日はZUMBAを休んでそれをやった。
グループ名のロゴは先日書いたものでいいとして、
"夢"の文字はどうしても嫌でやり直した。
Hちゃんの意見もとても参考になった。
理想にこだわって作為が勝ってしまっていたようだ。

今朝、無心に、踊るように心がけて書いた1枚目が
まあまあよく出来て、それに決めた。


今日のリハは衣装合わせもあり、より汗だくになった。
Tシャツデザインは一応OKが出て、ほっとした。


6/15
今日はバレエのレッスン、アンディオールがまるで出来てなくて、へこむ。
20年何をやってきたんだろう。バカみたい。


その後、4時から桜台でリハ。
ソロは少しずつはよくなってると思うけど、
いつも同じところで注意されてしまう。

振付はだいぶ整理されたと思う。
動画撮って反省したところや、先生から指摘されたところは
振りを変えたり踊り方を工夫したりしている。
上体がかたくて美しくない。


"Step Up"は少しずつみんなで揃ってきている。
私は昨日から、力一杯踊るよりもくっきり踊ることを心がけてみている。
力強さは必要だが、空回りして見ている人が疲れるかもしれない。
くっきり小気味いい感じを今は追求してみよう。


"Silver&Gold"はバレエシューズで踊るよう指定されたので、
いつものジャズブーツではなく久々にバレエシューズで踊ってみた。
バラス取りにくいところは練習あるのみ。

この曲も長くやってきてるけど、衣装で帽子をかぶりたいので、
帽子をかぶったら特にもっと見せ方を工夫できる。
まだまだ追求できる。


"21世紀の精神正常者"は裸足指定になり、前半が踊りにくい。
丁寧に練習しなければ。
Eちゃんの踊りを見て、これは前半よほどがんばらないと、と痛感した。
Eちゃんの踊りはやはり非常に印象的だ。
解釈が全く違うけど、今のままだと前半私などは全くかすんでしまうだろう。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術



プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック