06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

ダンス発表会とその後 


7/20
発表会が終わった。やり尽くした。
いろいろ失敗もあったけど、これはこれで今の実力なのだろう。

失敗や納得いかないところが多々あったけど、
まあまあ動けていたし、うまく行ったんじゃないだろうか。

ソロは5曲のなかでは一番うまく行ったと思う。
それが一番ほっとした。

前回の発表会のときのような、終わってふわーっと開けた感じはないけれど、
やり切った感はある。
もう終わって、どの曲ともお別れ。



7/23
異端。異端であること。異端であろうとすること。
その心意気が大事な気がする。
Gの言う"アウトロー"と同じかもしれない。

これからどうしよう。力が抜けている。ものの整理をしなければ。



7/24
ぼーっとして何も生まれない。ただぼーっとしている。
これも必要な時間なのだろうか?
何もいい言葉が浮かばないけど。

今回のソロ"鳥葬"は、自分の腕の長さ、手の大きさ、指の長さ、
そして書の作品を舞台背景にするなど、
自分の持てるものをみな武器にして、印象的なものにしようと努めた。
自分にしか踊れない作品を。



7/27
今日はまた新たな一日。

ZUMBAサークルでは初めて60分のプログラムをやり、
バレエレッスンでは発表会後、初めてで、気合い入った。
先生も何か1つ抜けたような明朗さで、びしっと指導されていた。

私は骨盤の傾きを注意して、お尻やももが緩まないよう心がけた。
体が少しニュートラルになっていて、
お尻とももを締めるのが前より少し出来ていた。
不思議な感じ。

これを続けられれば、アンディオールがより体現できていくだろう。
バレエはやっぱりいい。追求すべきものだ。



7/28
発表会が終わって1週間が過ぎた。のんびりした。
ぼーっとしたり、マンガを読んだり、お風呂に行ったり、飲みに行ったり。
もう、ひとりで場所を借りてあの曲たちを練習することもない。
終わったのだ。


私の中でまだ何も動き出さない。物の片付けもできない。


マイナーなもの。情感あふれるもの。心地よい高揚感のあるもの。
ZUMBAの曲の選び方、好きな曲に偏っている。


社交的な自分と、非社交的な自分。引きこもりたい。



7/31
発表会終わって10日も経つのに、この無気力感。
燃え尽き症候群だろうか。

前回は発表会後、10月の"ちょこっとレビュウ"の振り付けや稽古がすぐあったし、
9月の俳優座も決まっていたから、燃え尽き症候群には陥らなかった。


夜、クラシックを流しながらストレッチをした。
自分なりの一定のストレッチプログラムをつくりたいな。
音楽を流したら一通りストレッチが出来るように。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


ダンス発表会直前 


この間中は発表会の曲について、まだ十分の出来ではなく、
このまま終わってしまうのがちょっと淋しい気がしていた。

しかし、スタッフ下見で、すべて衣装をつけ、
外部の方たちの前で踊って見せることによって
あ、一応これでどの曲も完成なんだな、と感じた。
あとは本番ベストを尽くすだけ。

完成を目指してこれまでやってきたのだから、そのときが来たのだ。
そう悟った。
だから今は淋しいとかやり足りないとか、そういう気持ちは無くなった。

ちゃんと道筋どおり歩んできたのだ。
心身ともに調子を整えて臨むだけ。




カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


スポーツジムでのZUMBA代行レッスン 


吉祥寺のスポーツジムでのZUMBA代行レッスン、2回目が無事終わった。
前回より少しはましだったが、やはりカルチャースクールより
スポーツジムのほうがスタッフやお客様の目がシビアで緊張する。

振りや進め方はだいぶこなれてきたからいいとして、
しゃべりが全然ダメだった。

今回の参加者は7人。
前回の参加者のうち、今回も参加されたのはたったひとり。
これが前回の私のレッスンへの評価だとシビアに受け止める。

でもその1人の方が来て下さったのは本当に嬉しくありがたかったので
終わってからごあいさつした。
他の方からも、毎週来るのかと聞かれ、好感触を持って下さった方もいると思う。
めげずにやっていこう。

今まで自分は教えに向いていないと思っていたが、
昨日からZUMBAのレッスンを立て続けにやって、
レッスン生がみんなかわいく思える。私より年長の方が多いのに・・
不思議な感じ。




カテゴリ: ZUMBA

スレッド: つぶやき - ジャンル: ブログ


ZUMBAの体験レッスンと、この半年の還元 


カルチャークラブのZUMBAの体験レッスン指導が無事終わった。
参加者の方たちの雰囲気がとても良く、私もリラックスしてやれた。

みなさん、隔週のクラスに申し込んで下さるようだ。
8月開講予定の運びとなった。とてもありがたい。
「先生みたいな体型を目指す!」と言って下さった方がいて、嬉しかった。

昨日一日、あんなにハードだったのに、
それを乗り切ってダンスで満足してやり切った感があって、
今日はまた一歩、次へ進むことが出来たようだ。

この間までニヒリズムや無力感、絶望感、
そして逆に人生満足してしまって今、欲もないから、
生への執着の切れた危うい感じなど味わっていたが、
ここ何日かですっかり実りを手に入れてしまった。

半年もがいてやってきたことが、ダンスにしろZUMBAにしろ
やっと形になって還元されてきている。



カテゴリ: 想い・イメージ

スレッド: つぶやき - ジャンル: ブログ


スタッフ下見無事終了 


午前中、ZUMBAサークルの指導、お昼からバレエの通常レッスン。
いったん帰って昼食を取り、急いで洗濯をして、夜のリハのための荷造り。

今夜のリハは、ダンス発表会の1週間前ということで、
本番の会場のリハーサル室に他団体の出演者も集まり、
音響や照明、舞台監督などスタッフの方々が揃い、作品を下見する。
衣装、小物をすべて揃えて荷造りした。

前回の発表会では10年ぶりの舞台だったせいか、
スタッフ下見のときにすでにひどく緊張し、
終わったらほっとし、どっと疲れが出て翌日熱を出してしまった。

前回の反省から、今回は淡々とやろうと思ったけど、
実際は1回ずつ踊っただけなのに、ひどい汗と疲れ。

"Silver&Gold"はクールに、でも心をこめて、
"Step Up"はパワフルに、バレエ小品は優雅に踊るよう心がけた。
"21世紀~"はいまいちだったが、全体的にまあまあの出来だったと思う。

でもやはりソロの"鳥葬"が一番緊張した。
やる前からひどいプレッシャーと緊張で汗がどっと出て
心臓がどきどきし、落ち着かなかった。

1つ前に踊るEちゃんの見事な踊りを見ていたら少し落ち着いてきた。
プログラム順でEちゃんの後というのはプレッシャーに感じていたが、
精神的にはいいのかも、と思えた。
本番でも、安定した見事な踊りを見ながら出を待てるのだから。

"鳥葬"は今までで一番うまく行った。
他団体のK先生が、終わったとき小さく拍手して下さってるのが
目に入り、嬉しかった。
やり尽くした感がある。
多分、やっと踊りが完成したのだろう。
そのことも満足できた。

帰り、ひどく疲れて家まで歩きながら、
しかし強く幸福感を味わっていた。
ソロがここまで来れたのも本当にI先生のおかげだと感じ入った。
自分で振付けているとは言え、ひとりではこうも創れなかっただろう。
長かったけど、I先生のアドバイス、叱咤があってこそ。
そして私の振付を気に入ってほめて下さったこと、
自分も踊りたいと言って下さったこと、とても励みになった。

今日が本番であるかのような満足感。
しかしまだこれからだ。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術



プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック