10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

cm --   tb --   このページのトップへ

夜のカフェにて 


10月10日
新宿のカフェにて。

店内に流れるJazzに耳を傾けながら、夜の街、ライトなどを
ぼーっと眺めていると、ひどく懐かしい感覚に襲われる。
こうしたひとりの時間が最近なかなか取れなかった。
昔、新宿で、渋谷で、池袋で、四谷で、こうした時間を過ごした感覚を思い出す。
自分は結局何も変わっていない。何も変わっていない。

いや、違う。やはり変わった。
全てのことが準備され、今の自分に向かって流れ込んでくる。
そうして今の自分がある。
つらく苦しかった時期のことも、全てが無駄なく、ひとつひとつ役割を担い、
意味を帯び、私を救い、立たせている。

時間は一方にしか流れない。
けれど、これまでの時間を全て肯定することによって、
変えられない過去も、今と結びついて
内容は変わらずとも、意味合いと価値が塗りかわることがある。
それを私は幾度も経験してきた。

全ての過去の時間が今に溶解し、その中にたゆたう。
そうしてすっかり幸福になってしまう。
ちょっぴり哀しみの波が立ち騒ぐのも同時に感じながら。

こうした幸福感、至福感に哀しみはつきものだ。
表裏一体なのだ。
胸が幸福に痛み、"在る"と同時に"失われる"この世の全て、一瞬のきらめき、
それを痛感するから。

でも恐れずに幸福を享受しよう。
甘い痛みを胸に刻もう。

こうして私の生命は、次へ次へ歩もうとする。流れようとする。
その先に何があるかわからないけれど、その歩み、その流れを
押しとどめることなく、ただ進め。



カテゴリ: 想い・イメージ

スレッド: つぶやき - ジャンル: 日記


コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ateliermashenka.blog.fc2.com/tb.php/37-691735aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。