08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

cm --   tb --   このページのトップへ

ジャイロキネシスの体験レッスン 


今日は初めてジャイロキネシスの体験レッスンを受けてみた。
骨盤の傾きやかたい筋肉などが最近特に気になっていて、
そうしたことに効果がありそうだから。

裸足で、椅子に軽く腰掛けた状態で、
さまざまな動きをして身体をほぐし、伸ばしていく。

今さらながら私は、腰の後ろのところに
無意識にいつもぎゅっと力を入れて、身体を支えているのを自覚する。
緊張したり、集中したりすると、姿勢を正そうとしてよけいに力が入ってしまう。
バレエのときもそうだ。
これでは腰に負担がたまり、傷めやすいのは当然かもしれない。

骨盤の傾きも大きな課題だが、
腰の筋肉の縮みに引っ張られて、骨盤が傾いているのでは?と思い至る。
ジャイロキネシスでは横の鏡を見ながらそれも注意してやってみた。
腰を力まないように、力みそうになったら脱力するようにして。

脱力は難しい。
脱力するためには、同時に他のどこかでバランス調整をしないとできないから。
他のどこをどういう意識をすればいいかを教えてもらえるといいのだけど、
なかなか難しい。ひとりひとりそれは異なるからか。
自分でさぐっていくしかない。
いちいち、いちいち意識しないといけない。
いちいち身体の部分部分、力を抜いてリセットする。
そしてそのリセットした状態を今度は自然体として保てるように鍛錬しないと、
次の状態へと進めない。

また、背中、肩のかたさを再認識した。
多分バレエレッスンでは、型やパが気になって
そこまでのびのび伸ばすことに意識を向ける余裕がなくなっているし、
HIPHOPなどではそこまで背中を意識せずに済むし、
自分の振付では自分の楽な範囲で振付けてしまっているのだろう。
もともと身体はかたいほうだが、より可動域がせまくなっている。
怖ろしいことだ、たまにはこうして外の世界に出ないと。

幸い、先生に声をかけて頂いた口ぶりからは、
ジャイロキネシスが初めてとは思えない程度に動けていたようだ。
しかし先生の背中や腕の、
弧を描いて大きく伸びていくしなやかな美しい動きを見てしまうと
自分の棒っきれのようなかたさを思い知らされる。

レッスン後、先生と少しお話ができた。
レッスン内容のこと、ダンスやピラティスのこと、自分の身体の課題についてなど。
今回はカルチャーセンターの短めのクラスのため、少々物足りなく感じたので、
次は先生のスタジオに伺ってみることにしよう。



カテゴリ: ダンス

スレッド: ダンス - ジャンル: 学問・文化・芸術


コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ateliermashenka.blog.fc2.com/tb.php/56-92d363f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top


プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。