01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Atelier Mashenka~世界は悦びに満ちている

アトリエ・マーシェンカのブログです。アート,ダンス,思索・・・etc.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ: スポンサー広告

cm --   tb --   このページのトップへ

河津桜 

もう何年も前になりますが、伊豆に河津桜(かわづざくら)を見に行きました。
2月頃から咲く早咲きの色の濃い桜です。

伊豆のおばが、観光地化されてない川べりの地元の人の散歩道を
案内してくれたので、本当にゆったり満喫しました。
菜の花とのコントラストが鮮やか!

最近駅のポスターに河津桜の案内が載っていて、
懐かしくなって久しぶりに写真を見返しました。
案内してくれた伊豆のおばは亡くなってしまったので、よけいに・・

河津桜1


河津桜2


河津桜と菜の花2


河津桜と菜の花3


河津桜と菜の花1





カテゴリ: 想い・イメージ

駅のステンドグラス 

拝島駅のステンドグラス



カテゴリ: 想い・イメージ

つぶやき~真冬の遊園地 

遊園地


真冬の遊園地。
運転停止となって打ち捨てられているコースター。

何も走りもしないのに、メタセコイアの林の間に
狂ったように上下し廻旋しするレール。

目に見えない何かを空へ投げ出そうとして
静かにもだえている。



カテゴリ: 想い・イメージ

つぶやき ~どこへ向かうのか 

どこへ向かうのか。

何にも先が見えない。

でもそれが生きてることだ。

先なんて何も決まっていない。

何もない空間を手探りで進むのだ。

危険が伴い、その空間を切り裂く勇気を持つ者が貴い。

ある意味ダンスもそうだ。

アンドレ=ドーヴェルニュの言葉が初めて実感としてわかった、今。

今、自分がそこに立っているからだ。



カテゴリ: 想い・イメージ

つぶやき ~なぜ踊るのか 

石門



ダンス発表会が終わった。先へ進まなければならない。
この間の踊りも、もう卒業。すでに過去のものなのだ。


自分を磨くこと。それに尽きる。
自分を浄め、高める。
やわらかく、そして強く。
一途に、丁寧に、静かに。
清、精、静。


バレエレッスンを新たな気持ちでやりたい。
そして、また書をやりたい。
今その2つが私の中で大きくなっている。


次のイメージ。次の自分のイメージは?


破壊と創造。シヴァ。


整理したい。削ぎ落としたい。


何故踊るのか。そこに理由はない。
何故生きるのか、と同等の問いだ。
心が向かうほうに進むだけ。


いい、好き、というのにも理由はない。
ただ好きなのだ。
感覚に訴えるものがあるからだ。
感覚に訴えることが大事。
それはセンスの問題になる。
ラインであり、光と影であり、間(ま)であり、
角度であり、高低であり、粗密である。


10代は本を読み、
20代は舞台と映像を見、
30代は絵画を見、
40代は音楽とダンスに浸っている。



カテゴリ: 想い・イメージ

スレッド: つぶやき - ジャンル: ブログ



プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。